今年で400年と温泉街

当館の始祖である
阿部薩摩が、歴史に登場するのが
今から400年前の
1613年です。

李平、笹谷を開拓したらしく・・・
水路も「薩摩堀り」と言われてるようです。

以前、"直江兼続と九山禅師"で書きましたが
米沢藩直江兼続の命により
元和元年(1615年)法得寺(真宗本願寺派)→興徳寺(臨済宗妙心寺派)へ改宗
その際、九山禅師と一緒に土湯に来たと言われています。

当館
東日本大震災以降、土湯で一番古くから営業している旅館となりました。
当館発症の地は、旧富士屋旅館さん跡
そこを親戚に譲り、川上へと来ました。

当時の屋号は"叶屋"だったようです。

大正時代に内風呂旅館(旅館の館内にお風呂がある)が流行するまでは
旅館の中にお風呂は無く
共同浴場に通い湯していたんです。
土湯も"下の湯"と"中の湯"は下ノ町の旅館から地下道でつながっていました。

古くからの温泉地は、住宅が密集していて
駐車場が旅館の近くにないため
固定費がかかります。(車移動の人件費と駐車場代)

当館は、旅館の近くに客室数よりも
多い駐車できる駐車場があります。
縦列駐車とか鍵をお借りする事もありません。

ですので、ご入浴のお客様は
土曜日曜の繁忙日14時~は
第2~第4駐車場をご利用下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック